腕の毛は剃ると固くなってしまいます | 脱毛入門講座

腕の毛は剃ると固くなってしまいます

腕の毛を剃ったら、濃くなった!固くなった!毛の量が増えた!という噂は聞いたことがありませんか?その噂は、実は間違いではないのです。

毛を剃ったり、抜いたりすると、どうしても肌に刺激してしまします。
クリームを使って、除毛や脱色をするにしても同じことが言えます。
肌に刺激を与えると、刺激から守ろうとして体が反応し、毛が多く生えるということがあります。また、自己処理でカミソリで毛を剃ると、毛の一番太い部分から丁度切られ、断面積が広くなるので毛が濃くなったように見えます。

しかし、一瞬で腕の毛がなくなる!なんてことは難しいですよね。
もし、どうしても剃らなければならないのであれば、カミソリを仕事で使っている理容師さんのアドバイスを参考にしましょう。

理容師さんからのアドバイス
①カミソリを肌に押し付けないように剃る。(体毛が濃くなりにくい)
②肌をひっぱり、ひっぱった方向と同じ方向に剃る。
③終わった後に、暖めた濡れタオルで拭く。次に冷たいタオルで拭く。クリームやミルク等で保湿をする。

毎回丁寧に剃ることができれば、肌への負担が軽減されますが、なかなか手間がかかってしまいそうです。サロンやクリニックで脱毛をすると、カミソリの処理では剃り残しがちなひじ周りや手の甲、手の指の毛も全部つるつるになります。腕は、生活の中でよく目にする部分で、脱毛の効果を実感しやすい部位です。


トップへ戻る